一覧に戻る

【380円】行ってみたいウワサの学生食堂その2~カフェ樹林|龍谷大学~

龍谷大学は浄土真宗の精神を建学の精神とする大学で、1639年に西本願寺に設けられた「学寮」がその前身となる歴史の長い大学です。京都と滋賀のキャンパスに加え、仏教美術や仏教文化に特化した「龍谷ミュージアム」を運営するなど、社会に開かれた大学として親しまれています。
「カフェ樹林」は龍谷大学の深草キャンパス内にある一般利用可能な学生食堂です。
今回は、龍谷大学の「カフェ樹林」についてご紹介します。

美味しさと社会福祉を両立したカフェ

龍谷大学深草キャンパスの正門を入ってすぐに見えてくる、円形ガラス張りの「カフェ樹林」は、龍谷大学が考えるノーマライゼーションの理念を実践するために作られました。
同大学は、障がい者を含む多様な人間が、補い合い、活かしあって暮らす社会こそノーマルな社会であるという考え方を持っており、カフェ樹林ではそれを地域社会に発信するため障がい者が働く社会福祉の場として機能しています。
障がい者が働くカフェというと、NPOや社会福祉団体などが運営するカフェが思い浮かびますが、そのイメージは「簡素な内装と、あまり手の込んでいない料理や飲み物が提供される場所」というのが一般的かもしれません。
しかし、カフェ樹林はそういったイメージとは異なり、明るくおしゃれな雰囲気の中、カレーライスや定食、軽食に加え、わらび餅やパフェなどのスイーツ、コーヒーや紅茶、抹茶ラテなどのドリンクを楽しめる場所となっています。
なかでも、スイーツメニューは女性からの人気が高く、おしゃれで居心地がよい、美味しさと社会福祉を両立したカフェとして親しまれています。

 

【基本情報】
住所:京都市伏見区深草塚本町67 龍谷大学学舎内
座席数:40席+カウンター
形態:セルフサービス
開店時間:平日10:00~16:00 (土、日、祝日は定休日)
サイト:カフェ樹林 | お弁当 | WEB予約 | 京都市 (cafe-jurin.com)

低価格で充実のメニュー

カフェ樹林で提供されているメニューは、パンやサンドイッチ、ホットドッグ、ピザトーストなどの軽食が中心ですが、カレーや味噌汁、サラダがついた定食メニューなども提供されています。
また、好きなサンドメニューとドリンクを選んで組み合わせられる「樹林セット」は500円でしっかり食べられ、学生はもちろん一般の人からも人気が高いメニューとなっています。
価格帯は100円から500円と低価格でありながら内容は充実しており、誰もが気軽に利用できるカフェとなっています。
また、豆腐ハンバーグやサバの味噌煮などをメインとした持ち帰り弁当も販売しています。

まとめ

カフェ樹林は京阪電車「龍谷大前深草駅」から徒歩5分の場所にあり、京都の観光地としても有名な伏見稲荷大社とも比較的近い場所にあります。平日のみの営業ですが、観光ついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。